ファッション感覚で英会話

テストではない英会話という感覚

英語学習について私たちは、小学校から大学までの勉強は専ら試験で高い点数を取るためだったり、各種試験対策のためと割り切るべきとされています。学校教育のカリキュラム自体そういった仕組みになってしまっているので、私たちがどうこう言ってもしかたないですが、いままでそういった勉強方法で英語を学んでいたかもしれません。

 

学校は学校。英会話は英会話

学校教育での英語学習は試験で良い点数を取るためと割り切り、英会話は英会話教室に通った方が正確な知識の習得が可能となります。テストのためではなく会話の勉強をしにいくので、当たり前は当たり前ですが、座学と英会話は別物と考えたほうがいいでしょう。

 

また、私たちが気を付けなければならない英語ですが、和製英語と言うものが在り、ネイティブとされる人には一切通用しないと考えた方が国際交流では常識となっています。

 

和製英語には気を付ける

和製英語ですが、例えばマンションというものが在ります。日本では、これは建設用語等とされており、集合住宅だったり、中高層タワーで専ら住居用となる建物の事をいいます。日本語を話せないネイティブにマンションと言うと「豪邸の事」とされます。

 

つまり、マンションですが、正式には豪邸のことであり、日本人が海外の不動産業者で「あの、マンションを探したいのですが」と言うと営業担当者は「この人、豪邸に住むの?」と思ってしまいます。

 

ネイティブとの会話の経験値

また、ネイティブとの会話ですが、英会話学校ではネイティブに対して不快にならないように正しい単語や文法を教わる事になります。それと、日本に在住する外国人が紹介している「その英語表現は、ネイティブには通用しません」的な書籍が書店に並んでおり、これは正しい英語表現を身に付けたい人にとっては高評価を得ているのでネイティブと気持ち良く接したい人には必見となっていますし、英会話学校でも外国人講師が推薦するといいます。